かみ合わせと全身の病気患者の会

歯や顎、かみ合わせの不具合・顎、口腔異常、病気が原因となり精神疾患、整形外科疾患、皮膚疾患、内科疾患、耳鼻科疾患などの症状となって発症していることが少なくないことが様々な医療・研究機関の報告でされる様になっています。 この様な情報に出会わず色々な科を次々に受診して困ってい方も大勢います。
40年間、顎の不具合で体の重い症状で苦しんでおり、顎の改善治療で長年の体調不良が著明改善した方の「私のような患者はたくさんいる。なんとか広く知らせてあげられないか」という発案で口腔と全身症状の患者さん体験を中心に情報発信をするサイトを立ち上げました。
まだまだ認知度が低いこの分野、患者さんの体験と共にお困りの方の手助けになればと・・

~患者の会 連携医院~
☆豊島区 望クリニック  TEL:03-3986-7889 
☆秩父市 あらい内科クリニック TEL:0494-25-2711

☆流山市 さかい歯科医院  TEL:04-7155-5082 http://www.sakai-shika.net/
~酒井のセミナー講師受け付けます~
サークルのお茶会、趣味(カラオケ、ダンス等)の集まり、会社の研修会として、ライオンズクラブ等の研修会、お友達の集まり、同窓会、食事会等の余興、新年会、忘年会のヒトコマとしてなどなど。その場を考慮した内容にします!
人数は数人からOK.時間2~30分間から。講演費は応相談、格安可
【Oリングテスト、咬合治療等実演可】
詳細はお電話ください

野田市北部公民館での講演会のお知らせです


無料講演会 わかりやすい認知症の話

さかい歯科医院 酒井秀俊(日本認知症学会)


*日時*
第1回目:10月28日(水)午前9:30~11:30
第2回目:11月 4日(水)午前9:30~11:30

*場所*
野田市北部公民館(七光台駅徒歩5分)

*参加費*
無料、先着順

参加申込が必要です
野田市公民館までお問い合わせください


予定内容
・認知症はどのようにおこるか
・歯科治療で良くなる?!認知症
・認知症の診断法
・驚異の歯科的認知症改善効果
・標準的な治療法(実録ビデオと画像の数々)
・認知症予備軍とは
 「時計がよめた」「会話ができた」…
・認知症対策あれこれ
・表情筋と認知機能
・栄養素での改善  他多情報

多くの皆様のご参加をお待ちしております 

朝から少し体調が悪く、めまいがする様な感じはあったのですが、何とか1日仕事を終えて駐車場に向かいました。
車の運転を始めたとたん、めまいがひどくなり『運転して帰れるだろうか?』と不安ながらもスピードを落とし運転したのですが、頭を動かすたびにめまいがして、家に着くまでたいへんでした。
玄関を開け、倒れこむ様にソファーに横になると、天井か床か壁か分からない位、360度グルグル回転する様なものすごいめまいに襲われました。 
回転するめまいは、立っていても、座っていても、横になっても、また目を開いていても、閉じてもおさまらず、主人の帰りを待って夜間救急外来の病院を受診しました。

病院では脳の問題がないかCTとMRIを撮りましたが、問題はなしとの事。次の日、耳鼻科を受診する様勧められ、その日はめまい止めの注射と点滴の処置で帰ってきました。
薬の効果もあって回転するめまいは、少し楽になりましたが頭痛と吐き気が残り、なかなか寝る事もできませんでした。
次の日、だいぶ楽になったと思い仕事に向かう為に車を運転すると、まためまいが始まりました。回転するまでのめまいではありませんが、体の方向を変えるたびにめまいが……

何が原因でめまいが起こるのか、心配した家族がいろいろ調べてくれて、その日午後、さかい歯科医院を受診しました。

先生がいろいろ検査をしてくださった中、口が開かなくなっていることを指摘されました。めまいばかりが気になっていましたが、確かに口が開きにくく、大きく開けようとすると『顎がはずれてしまうのでは?』と思うような嫌な重さを感じ、実際に開ける事ができませんでした。
診察室に、顎関節症で起こりうる関連症状の例が11項目あげられた資料がはってあるのですが、酒井先生に「何個あてはまりますか?」と聞かれましたが、なんと5個もはてはまりました。
顎関節症から起こる急性のめまいと診断され、先生から何故、その様な事が起こるかくわしくていねいに説明して頂きました。
そして、顎関節症に有効な藤井佳朗式咬合治療をして頂き、急性関節炎症をおさえる薬を処方して頂きました。
夜はだいぶ楽になり、家事ができるまでに回復、次の日は1日仕事もできました。
酒井先生から「急性の炎症を起こしているので、1週間は無理をしないように」と言って頂きましたが、診察を重ね日を追うごとにめまいも身体も楽になっていくのを実感。

めまいの症状が顎関節症から関連して起こる症状と酒井先生に診断して頂かなかったら、原因も分からず不安を抱えながら、あちこちの病院を受診していたかもしれません。今まで経験した事のないような、ひどいめまいの出た翌日に、酒井先生に診て頂けたことは、本当にラッキーでありがたい事と心から思っています。
 

 下記の内容で講演をしてまいりました。(5/29付・NDM 講演会)
医科医師の皆様に大変好評をいただき、
来年も続編講演のオファーを受けました。

演目
「顎口腔系と全身疾患との関連。この分野での医科歯科連携」
1 認知症と歯科領域

2 高齢者ケア・在宅医療での医科歯科連携
3 リウマチと医科歯科連携
4 糖尿病、動脈硬化と歯科
5 腎疾患と歯科
6 睡眠時無呼吸症候群と歯科
7 リハビリテーションと歯科
8 整形外科疾患と医科歯科連携
9 皮膚科疾患での医科歯科連携


 この分野(顎・口腔系と全身)はここ数年マスコミでの露出が急増し、患者さんの認知度も高くなっています。
「歯科ことはよく知らない、知らなくて
もよい」
「歯は食べるだけの機能でしょ
ではすまなくなってきています。

 
 歯科領域疾患で通院している患者は大変多く、これからは顎口腔歯科疾患との関連も説明・相談できるドクターやナースがより患者さんの信頼を得ることと考えます。
 医科医師、看護師、理学療法士等医療従事者向けの

「顎・口腔系と全身疾患の関連性と医科歯科連携治療」
の内容で講演依頼の募集をしています。
どんな小さな研究会、勉強会でも結構です。また貴会の予算に応じお受けします。
(当方営利目的の講演屋ではなく、上記テーマの啓蒙が目的です)
また遠方の方でも結構です。

 ご相談はさかい歯科医院ホームページ(http://www.sakai-shika.net/) よりご連絡ください。

講演会ポスター
 

 

 

このページのトップヘ